日本のチュウ心で注文住宅を建てるin明石市

日本のチュウ心で注文住宅を建てるin明石市

明石市の注文住宅づくりをサポートする優良業者をリサーチ!

HOME » 注文住宅づくりが上手くいく4つのツボ » 間取りを決めるには

間取りを決めるには

注文住宅づくりの流れの中でも重要な、間取りの決め方について指南しています。

間取りの決め方【注文住宅づくりの流れ】

注文住宅は購入後、人生の多くを過ごす場所になります。
そのため、間取りの設定は非常に重要です。以下の点を意識していきましょう。

現在、そして未来

注文住宅のメリットは、施主の生活スタイルに合った空間づくりが可能な点にあります。しかし、生活スタイルが30年後も同じかどうかと聞かれ、「YES」と断言できる人は少ないのでは?

■現在の生活スタイルを意識…現在の家族構成やそれぞれの年齢・職業(学業)に合う間取りになっているのか、熟慮を。家事動線は整っているか、早起きする家族のベッドルームの下に音の出る設備がないか、など細かな部分までシミュレートしてみてください。

■未来の生活スタイルを意識…時が経つにつれ、家族一人ひとりが成長/老化するのを想定しておくことは、非常に大切です。子供の個室や親との同居に備えているか、また階段の昇り降りが辛くなった時のことまで考えているかなど、それぞれの家庭の事情や年齢を改めて見直し、なるべく可変性の高い間取りを採用しておきましょう。

光や空気、そして温度

土地の条件をじっくり調査したうえで、光や風通しの良い間取りを設計してもらうと、必要以上に電力に頼らずとも、快適に過ごせる家が出来上がります。

スケルトン太陽は東から昇り、西に沈みます。また南から北に吹く風の通り道を設けることも、非常に重要。間取り図が出来上がった時点で改めて方位を書き込み、
自然の力を上手に利用できる間取りになっているか、チェックしてください。

いま人気の間取りとは

近年の注文住宅施工で人気のある間取りは?以下に紹介しますので、参考にしてみてください。

  • キッチン…乳幼児の様子を見守りながら家事に勤しめると、人気。オープンLDKの間取りなら、家族間のコミュニケーション活性化もより高まる。
  • 収納…ウォークインクローゼット、パントリーなどの設置は、近年のスタンダード。また玄関への動線がスムーズな「ウォークイン玄関収納」の人気も高い。
  • 開放空間…吹き抜けやリビング階段、オープンLDKの間取りは、室内の開放感を高めるのに役立つ。ただし室温管理に充分配慮することも必要。
  • 可変性を重視した一室…将来のニーズに備え、仕切り壁や可動収納をあらかじめ備えた2ドアのワンルームを用意するのは、賢い選択。

細かな部分は住宅づくりのプロであるハウスメーカーとみっちり相談し、末永く快適に暮らせる注文住宅づくりを目指してくださいね。

 
日本のチュウ心で注文住宅を建てるin明石市