日本のチュウ心で注文住宅を建てるin明石市

日本のチュウ心で注文住宅を建てるin明石市

明石市の注文住宅づくりをサポートする優良業者をリサーチ!

HOME » 注文住宅づくりが上手くいく4つのツボ » 土地探しで気をつける点

土地探しで気をつける点

このページでは、敷地や地盤調査など注文住宅を建てる土地探しの流れをチェックしています。

敷地や地盤調査などを含む土地探し【注文住宅づくりの流れ】

念願の注文住宅を建設する際は、まずその基盤となる土地を探す必要があります。希望の市町村が固まったら、以下の点に留意し、できるだけ要望が叶う土地をリサーチしていきます。

  • 住宅のイラスト広さ
  • 相場と予算の調整
  • 駅や商業/公共/教育施設への利便性
  • 周囲の環境

希望条件がまとまったら、プロに依頼して土地探しをサポートしてもらいます。業者には以下の種類があります。

■ハウスメーカーや建設会社…土地探しから家づくりまでを、ワンストップで行ってくれます(すべての会社が対応可能なサービスではありません)。ただし土地探しだけを頼んで、建設を別会社に依頼するのは難しいことを(建築条件付き)、あらかじめ理解しておきましょう。

■仲介会社…いわゆる不動産会社。売主と買主を仲介することで、手数料を得ています。大手には未公開情報がよく集まっており、地域密着の中小には希少物件情報が寄せられます。

土地探しは注文住宅づくりで最も大切な過程のひとつ。たくさんの業者を訪れ、信頼できるパートナーを探しましょう。

敷地調査・地盤調査とは

測量士イメージ買いたい土地が見つかったら、その土地に希望の家を建てられるかどうか、敷地調査と地盤調査を行う必要があります。

これらは注文住宅建設の第一歩になるので、設計や施工の依頼先をフィックスした時点で、調査を手配してもらうことになります。

■敷地調査…用途地域(建物の用途や大きさ)や、斜線制限(北側隣地や前面道路との関係で設けられる高さ制限)をチェック。

■地盤調査…地盤の強度を調べる調査。専門業者が特殊な機械を使い、敷地内の複数地点をチェックする。

これらの費用は数万円程度ですが、調査の結果、地盤改良などの必要が生じた場合は、追加費用がかかることもあります。

また土地周辺の水はけや、周囲の騒音状況などは素人の目や耳でもわかるもの。お目当ての土地は、契約前に天候を意識し、また訪れる時間を変えながら、何度か見学しておくようにしましょう。

 
日本のチュウ心で注文住宅を建てるin明石市